【アニメ 感想】「彼方のアストラ」(2019)宇宙規模のミステリー、とくとご覧あれ

目次

作品情報

作品名彼方のアストラ
公開日2019年
全話12話
原作篠原健太
監督安藤正臣
アニメーション制作Lerche

声優

あらすじ

 西暦2063年。宇宙旅行が当たり前になった世界で、”生徒達で5日間過ごす”という惑星キャンプが学校行事として組み込まれていた。ケアード高校B5班は、惑星マクパでのキャンプにむけ出発するのだが・・。

感想

 どうも、こんにちは~(#^^#)。

 今回は「彼方のアストラ」を紹介していきますね~。

 いや~このアニメは、まさに宇宙規模のミステリー作品でしたよ(#^^#)。

 ”宇宙の果てにすっ飛ばされて、過酷な惑星サバイバルがスタート・・。”

 なんて、謳い文句にありますが・・。それは、あくまでもお膳立てです、お膳立て!!。

 このアニメの本質、真の面白さはその先にあるミステリー。コレなんですよ(#^^#)。

 サバイバル生活を経て、徐々に明らかにるメンバーの共通点。そして浮かび上がる、疑惑・・。ホント神展開で、一気観ですよ一気観w。

 SFミステリーが観たいって人には、是非オススメしたいアニメでした(#^^#)。

昼行燈

結構シリアスな内容だが、
メンバーのポジティブ思考により
明るく観やすいアニメだったので
★★★

関連情報

グッズ

DVD

コミック

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次